スマホで見る

売れ残りの土地には手を出さないほうがいい?売れ残りの土地には手を出さないほうがいい?【2024-05-28更新】|LIXIL不動産ショップ中央企画

賃貸・売買・賃貸経営管理のことなら
リクシル不動産ショップ中央企画へ

電話番号はこちら:042-371-0303
<< ブログの一覧へ戻る
  • 売れ残りの土地には手を出さないほうがいい?2024-05-28

    こんにちは。多摩センターを中心に活動するLIXIL不動産ショップ中央企画です。

    家を買うなら新築!そうお考えの方も少なくないと思います。
    そんな新築戸建てを検討する際にハードルとなるのが土地探しですよね。
    土地探しも丁寧に提案してくれるハウスメーカー・工務店もいますが、ハウスメーカー、工務店は家を建てるのがメインの仕事になるので、土地はお客様の方で探してください、というようなスタンスの事業者が存在するのも事実です。
    こういった事業者に当たってしまうと、土地探しのために不動産会社を頼ることになりますが、新築のための土地探しなのに、築古の中古物件やマンションをやたらと勧めてくる外れ不動産会社に当たってしまうことも。




    ■建築費用のために安い土地を買うのはNG?!
    不動産購入を考える場合、まずはじめに相談するべきは不動産会社です。なぜかというと、不動産の価値は立地でしかないからです。
    予算の上限がなく理想の住まいを追求出来る方、将来売れなくても十分な資産があるから大丈夫な方なら、建物重視で問題ないのですが、一般の方は、購入した家が将来大きく資産目減りしてしまう、売りたくても売れない状況というのは、可能であれば避けたい状況です。
    立地を無視した住宅購入を進めてしまわないよう、住宅購入初期段階で、不動産会社を訪れて、購入しようと思っているエリアの相場観を確認しておくことが大切です。
    不動産、特に土地の価値は「安ければ安いほど良い」訳ではありません。


    また、資金計画について相談することも大切です。
    ご自身の年収などから借入可能な限度額を把握し、現在の家計の状況から、適正な購入予算を算出します。
    この金額から相場の土地代を差し引いた額が建築にかけられる予算です。恐らく最初の計算だと、注文住宅には手が届かない結果になるのではないでしょうか。

    建築会社に資金計画を相談してしまうと、必要な建築費を引いた額が土地購入予算であると伝えられます。
    不動産の価値は土地が全てなのに、価値を毀損してしまう建物に重きを置いた提案に指し変わってしまう訳です。


    こういった経緯から起きる間違った誘導が「これらの敷地は「割安」で買える分、建物に予算をかけられる」に集約されます。
    ハイスペックな住宅を実現するために、より土地が安いエリアを探す、この判断は資産価値とは全く関係のない考え方であるとご理解ください。


    ■良い土地を見つけるために築古中古物件にも目を向ける
    土地の売買は更地だけではありません。広告に「古家あり」と記載された物件も多いです。
    特にエリア重視の物件探しを行う場合は、古家ありに当たることの方が多いです。
    一般に不動産を売却しようとする場合、土地として広告に出すだけでなく、築古の中古物件としても広告を出すケースも見られます。
    家を建てるための土地を探す場合は、土地情報だけでなく、築古の中古物件も並行して情報を集めることが大切です。



    ■不動産事業者には注文住宅希望であることをはっきり伝える
    注文住宅をご検討の方が、不動産会社に相談して良く起こる問題があります。
    それは頼んでもいないのに建売住宅や築浅物件を勧めてくることです。
    資産価値の観点からは新築注文住宅はもったいない部分が多いのですが、住宅購入の価値判断はお金だけではありません。
    理想の家づくりというのは、そこに予算を投じたくなるくらい魅力的なものです。
    ただ、注文住宅を希望しているのに、他の物件ばかり紹介されてはガッカリですよね。
    従って、不動産会社に土地探しを相談する場合は、注文住宅にしたいという希望をはっきり伝えた方が良いです。




    ■令和の住宅購入は「いつでも売れる」ことが前提!
    現在の日本は住宅過剰時代です。ですから将来今よりずっと家が売りにくくなるのはほぼ確定と判断できます。
    昭和~平成に比べて中古住宅流通が活発に行われるようになったので、これからの住宅購入は、困ったらいつでも売れることが重要です。
    自分にとって最高の住宅を購入することも大切ですが、世間から見て平均点の住宅を購入することが鍵になります。
    この考え方からすると、ご紹介した記事の売れ残りの土地は最適な土地とは言えないことがお分かりいただけると思います。

    住宅購入では様々なことを並行して検討しなければならないので、どうしても仲良くなったプロの意見を重視してしまいがちです。

    今回ご紹介したように、ビルダーと不動産会社という立場によっても意見が大きく変わるのはご理解いただけたと思いますので、特に住宅購入初期段な階では、建築会社、リフォーム会社、不動産会社、金融機関と違った業種の方に住宅購入について相談して、いろんな意見に触れることをお勧めします。

    ご不明な点などございましたら、お気軽にご相談ください。

    多摩センターのLIXIL不動産ショップ中央企画でした。

     


    ページ作成日 2024-05-28

カレンダー
 << 2024年7月