スマホで見る

不動産購入の検討時に「2000万円問題」を思い出して不安になった貴方へ!【2021-07-19更新】|LIXIL不動産ショップERA中央企画

賃貸・売買・賃貸経営管理のことなら
リクシル不動産ショップ中央企画へ

電話番号はこちら:042-371-0303
<< ブログの一覧へ戻る
  • 不動産購入の検討時に「2000万円問題」を思い出して不安になった貴方へ!2021-07-19


    多摩センターを中心に40年以上地域密着で営業を続けるLIXIL不動産ショップ 中央企画株式会社です。
    何年か前、老後の資金が2000万円足りなくなってしまう2000万円問題が話題となりメディアで何度もとりあげられましたよね。
    「老後にそんな大金が足りなくなるなら、住宅ローンを組んでの住宅購入なんてせずに何とかして貯金をした方が良いのではないか!?」と不安を感じる方も少なくなかったのではないかと思います。
    ということで、今回はその2000年問題について少し話していきます。


     

    「2000万円問題」とは!


    公益財団法人生命保険文化センターの「生活保障に関する調査」(2019年度)にて、夫婦2人世帯でゆとりある生活を希望する場合、平均で月36.1万円の生活費が目安になると公表されています。
    そして第21回 市場ワーキング・グループ 厚生労働省の報告書より試算すると、2017年の高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の毎月赤字額(実収入-実支出)の平均値は約5.5万円となります。
    毎月黒字ではなく赤字、つまり貯蓄から毎月5.5万円引き落とさなければならなくなるということです。
    2017年の平均寿命は男81.1歳、女87.3歳との事ですから、定年退職後の20年、30年の生活を考慮すると、下記のような数値計算となります。

    5.5(万円)×12(ヵ月)×20(年)=1,320万円
    5.5(万円)×12(ヵ月)×30(年)=1,980万円

    生涯の赤字額は1,320万円~1,980万円と計算できました。
    ということで貯蓄がざっくり計算して2000万円あれば、老後資金としては足りるでしょう…という話が、「2000万円問題」と言われるものです。
    「え?そんなに足りなくなるって言うのに、なんで今はそういう声が出ていないの?」と思う方も多いでしょう。
    では、現状この赤字額に対して高齢者はどのように対処しているのかの推測をしていきます。
    2017年の高齢夫婦無職世帯の平均純貯蓄額(純貯蓄額=貯蓄現在高−負債現在高)は2,484万円となっています。
    この時点で既に足りていますが、さらに2017年の定年退職者の退職給付額は平均で1,700万円~2,000万円程度となっています。
    つまり、現在であれば退職金を中心とした貯蓄の取り崩しでまかなうことが出来ているということになります。
    というよりも「貯蓄額を考慮し、毎月5.5万円を取り崩す範囲で生活している」と表現した方が正しいのかもしれません。

    しかし現在の労働者が同じように対応することは可能でしょうか?
    そのような不安もあり、2000万円問題は大きくとりあげられたのでしょう。

     

    「2000万円問題」はあくまでも平均値!


    この2000万円問題は確かに参考にはなります。
    しかし、だからといってこの報告書を過度に不安がることはありません。
    そもそもこの報告書で使われているのは、平均値です。
    学生時代のテストを思い出していただきたいのですが、クラスの全員がテストの平均点をとることは出来ていましたか?
    おそらくそんなクラスはどこにも存在しないでしょう。
    優秀な点数だった人がいて、逆に赤点だった人がいて、まぁまぁの人達もいて…
    平均という値はそれらの全ての点数を足して人数で割ったものです。
    算出するために用いられた数字に関しても、通信費が2万8000円、食費は支出全体の27%を占める6万4444円となっています。
    どうでしょうか?
    この金額、高いとは思いませんか?
    中央値ではなく平均値、支出自体も多くの方から見ると違和感のある数字から算出された2000万円問題の報告書ですから、あまり不安になりすぎるのも良くないのです。
    実際この報告書に関わった人物は東洋経済新聞の記事にて2000万円は目安で老後の生活をどう送りたいかで変わるということ、本来の報告書の趣旨は長期積み立て分散投資の浸透などであるということを語っています。
    実際にご自分の収支を計算してみて、自分の場合はどうなのかを考えた方が良いでしょう。



    いかがでしょうか。
    新型コロナウイルスの影響で、この2000万円問題を思い出し不安に感じる方もいるかもしれません。
    そう感じた時には、自分のケースはどうなのかを知ることから始めてみましょう。
    過去の偉い方は敵を知り己を知れば百戦危うからずと言いました。
    不安に思うことがあれば、不安の原因を知り自分はどうなのかを知れば意外と何とかなるかもしれませんよ。
    多摩センターのLIXIL不動産ショップ 中央企画株式会社でした。
    最後に不動産業者らしく営業をさせていただこうと思います。
    不動産の購入はタイミングが早ければ早いほど住宅ローンの返済も早くなります。
    もし不動産の購入を検討しようか迷っているようであれば、AIを活用した良質な物件の提案を受けることが出来る物件提案ロボをご活用ください!

     


    ページ作成日 2021-07-19

カレンダー
 << 2021年9月