スマホで見る

多摩センター周辺の物件で気に入ったものがあればまず「申込み」を!【2021-07-09更新】|LIXIL不動産ショップERA中央企画

賃貸・売買・賃貸経営管理のことなら
リクシル不動産ショップ中央企画へ

電話番号はこちら:042-371-0303
<< ブログの一覧へ戻る
  • 多摩センター周辺の物件で気に入ったものがあればまず「申込み」を!2021-07-09


    多摩センターを中心に40年以上地域密着で営業を続けるLIXIL不動産ショップ 中央企画株式会社です。
    自宅などの住宅を購入しようと候補を挙げて、実際に内見をしてみて「良いな」と感じた物件を見つけることが出来たときどのようにしますか?
    まずは家族の話し合いで全員の考えをすり合わせて…といったような、申し込みをする前に行うことがあるだろうと考えていないでしょうか。
    その考え方も当然間違いではありません。
    間違いではありませんが、スピード感のある行動が必要となることも覚えておく必要があります。


     

    多摩センターで良い物件を見つけたらまず申し込みを!


    物件の内見をして気に入ったのであれば、不動産購入申込書(買付証明書)の記載し提出してみましょう。
    申込というと「これで購入することが確定」となってしまうように考えてしまうかもしれませんが、「物件の申込み」は購入が決まったというものではなく、交渉のスタート地点です。
    「購入の意思があるので交渉しましょう」という購入の意思表示をして、交渉の結果として条件が合わず契約に至らなかったのであればその申し込みには拘束力がありません。
    フリーマーケットや商店街のお店などで値切りをしたことがある方もいるかと思いますが、不動産売買でもそのような交渉が可能です。
    買主の申し込み後価格その他の購入条件を詰めていって、売主と買主の合意が出来て初めて契約に至ります。
    交渉がまとまらない時は、「条件が合わないので契約しません」と言えば、それで済む話なのです。
    その為感覚的に「良いな」と感じた物件を見つけたのであれば、購入条件をまとめて購入申込書を記載して提出してみることをおススメします。


     

    みんなが「良い」と思う物件でも抽選ではなく早い者勝ち!


    何故そうするべきかというと、現地で直感的に「良いな」と感じるような物件は他の住宅を探している方も「良いな」と感じる可能性があるからです。
    大量生産品の小物であれば大体の場合、別の人が購入しても同じものを購入することが出来るでしょう。
    しかし不動産はそうもいきません。
    建売で同じ構造の住宅が存在するケースもあるかもしれませんが、それでも競争率は高くなってしまいます。
    内見をしてみて良かったので家族会議の議題にして業者に相談をして、でも他にも良いものがあるかもしれないから先に別の物件も探してみて…
    ということをしていて、「やっぱりあの物件が良い!」と購入の決断をした時には別の方が既に申込していて購入することが出来なかったということもあるのです。
    当然微妙に感じた物件であまり買う気にならないけど申込むというようなことをする必要は全くありませんが、内見をした際には「この物件が購入できなくても後悔はないか」ということを自問自答してみて、後悔しそうなものに関しては申し込みをして後悔しないようにしてみましょう。


     

    スピード感のある取引も重要


    昨今は売り手市場ということもあり、ものすごいスピードで売れていくケースが増えました。
    逆に時間をかけて様々な条件を交渉する事によって、購入のタイミングを逃してしまうケースもあります。
    交渉のポイントはあなたと同じく購入したいという人がいないタイミングでやるのがコツです。
    時間をかけて交渉をして、別の方が貴方が交渉決裂したときに交渉を開始する2番手での申込みをする方が出てきてしまったとします。
    そうすると、売主側は貴方の望む条件を呑まなくても、2番手の方が自分の希望する条件で購入してくれるかもしれないと考えてしまうかもしれません。
    そうならないようスピード感を持って交渉に臨む必要性が出てくるかもしれないので注意して交渉しましょう。



    いかがでしょうか。
    一つ一つ丁寧に精査し万全の状態で購入に臨む姿勢も素晴らしいのですが、それで「良い」と感じた物件を逃してしまうこともあることを忘れてはいけません。
    スピード感のある取引も視野に入れて、「この物件が購入できてよかった」と思えるような不動産売買にしたいですね。
    多摩センターのLIXIL不動産ショップ 中央企画株式会社でした。
    とはいえその物件が良いものなのか手を出すと後悔するようなものなのかというのは、中々判断が出来るものではありません。
    そのようなときに、無料で利用できるAIによる物件評価を活用してみませんか?
    AI不動産評価サービス「Selfin」なら、たった3分の簡単な入力で気になる物件や自宅の評価を知ることが出来ます!


    ページ作成日 2021-07-09

カレンダー
 << 2021年9月